2018年07月18日

原因と結果

IMG_4063.JPG
過去は変えれないけど、未来は変わる。
今を嘆いても、その因は自分にあり、
未来を変えるには、今の原因作りをしていかなければならない。
利他、
お客様に喜んでいただける、そんな会社であればと思う。
昔、ある人に、お客様に喜んでもらっている、というのであれば、
その証拠をだしてごらん、と言われたことがあります。
よかったら、お客様はお客様をつれてきてくれる、
いったい、何人の紹介をもらったの、
喜んでくれるのであれば、結果は変わる。
どこまでも原因は自分にあり、他人でない。
自分自身もそうありたいし、そういう会社がいい。

posted by メイ at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生合宿支援制度

三豊市定住促進・学生合宿支援制度
若い世代の方が合宿を通して三豊市に興味を持つことで、「三豊 市をまた訪ねたい!」「将来、三豊市で住んでみたい!」と感じてい ただくことを目的とした制度です。
対象団体 三豊市外に所在する高等学校、高等専門学校、短期大 学、大学、専修学校の学生等 10 人以上で構成された クラブ活動団体(サークル含む)
対象合宿 三豊市が指定する宿舎に2泊以上宿泊し、練習、研修 及び大会等の参加を行う合宿
交付金額 交付額は「1,000 円×宿泊人数×宿泊日数」です。 三豊市商品券でお渡しします(限度額 30 万円)
その他 合宿場所が市外の運動施設等であっても、対象です。 三豊市商品券は、市内の取扱店でのみ使用できます。 交付には、その他の要件があります。

全国で20か所近くの自治体がされているようです。
サッカーの合宿誘致で宇和島市がやっているのを知って、
観音寺でもどうだろうかと7年ほど前に提案したことがあります。
そののち、三豊市が始めました。
税金を使うことには賛否色々とありますが、先進事例があるので検討してもと思いますが、
スルーでした。隣の三豊市がすると、妙にライバル意識があって前に進まないのかも。
posted by メイ at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

有明浜

IMG_4168.JPG
先日の大雨で有明浜にも大量のごみが漂着しています。
海の家をやっていることもあって、期間中スタッフががずっとビーチクリーニングしています。
海水浴場にどうしたら人が来るのか、
海の家を始めたときいろいろな人に聞きました、
そのうちの一つがきれいな海岸、砂浜があれば人は来るよ、
そう信じて、海の家にかかわりだして、清掃をし続けています。
ただし、今回のごみは半端でありません。
先週末から必死こいて清掃をしています、トラクターまでだしてごみをかきあつめましたが、
全然減りません。
そんなわけで、今朝、商工観光課に電話して、県土木に話してもらいました。
6年ほど前にもこういったことがあり、当時、土木所長にお願いして、
流木など有明浜の漂流物を、担当の土建屋さんに処理してもらいました。
当時は、朝、連絡すると、午後には所長が担当と見に来てくれて、翌日には処理が始まりました。
前回と違って、今回は市の商工観光課から言って頂いたけど・・・・今回はどうでしょうか。
市に電話した時、14日、15日とあった銭形まつりの後処理で動いているとのことですが、
午後には話をしてくれたようです。
正直なところ、すぐできるのかちょっと不安です。

posted by メイ at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

有明浜の清掃

大雨の後、ゴミがたくさん漂着、
昨日、今日と清掃作業していました。
今日から、海水浴のお客様も多く来られると思い、
少し頑張りました、
明日も続けてやろうと思っています。
地元の人間だからといってはなんですが、
有明浜の砂はとてもいい砂です。
砂時計に使える、そんな感じです。
この砂浜を守っていくのは地元、私たちの務めですね。
今、インスタ映えで人気の、「父母ヶ浜」の海岸もとてもきれいになっています。
お客様が来るので、地元の人たちが毎日海浜清掃をしているそうです。
そういうところですね。
ともすれば、清掃も、行政まかせにしてしまう、そんなところが多いですけど、
違うと思いますね、頑張りましょう。
posted by メイ at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

いりいろありました

気が付いたらブログを60日以上更新していませんでした。
その間、いろいろありました、
近々ではなんでしょう、やはり先週の大雨でしょうか、
各地での浸水被害やお亡くなりになった人のことを思うと胸が痛いです。
自分自身、平成16年の高潮被害から人生がかわったから尚のことですね。
今回、ここ観音寺でも一時財田川が決壊するのではないかと心配されたのですが、
幸いそこまではなかったようです、
ただ、経済的にダメージがおおきなのは、財田川の鉄道橋が押されて、線路がひん曲がったことでしょうか、
この復旧に1,2カ月以上かかるそうです、
その間、本山駅からのバスでのピストン輸送となって、
特急も多度津までだそうです。7月8月の営業的にはちょっといたいですね。

ところで、この鉄道橋ですが、子供のころこの近くまでよく遊びに行った記憶があります。
がっちりした橋のような気がしていたのですが、よく映画なんかで鉄道橋を壊すのがあるけど、
こんなもの少々では壊れないだろうなとおもっていたけど、それを動かしてしまう自然の力というのはすごいですね。
少し下流のかなくま橋のところを渡ったのですが、自然の川底が表れて、
ある意味昔の感がしました。








posted by メイ at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いりいろありました

気が付いたらブログを60日以上更新していませんでした。
その間、いろいろありました、
近々ではなんでしょう、やはり先週の大雨でしょうか、
各地での浸水被害やお亡くなりになった人のことを思うと胸が痛いです。
自分自身、平成16年の高潮被害から人生がかわったから尚のことですね。
今回、ここ観音寺でも一時財田川が決壊するのではないかと心配されたのですが、
幸いそこまではなかったようです、
ただ、経済的にダメージがおおきなのは、財田川の鉄道橋が押されて、線路がひん曲がったことでしょうか、
この復旧に1,2カ月以上かかるそうです、
その間、本山駅からのバスでのピストン輸送となって、
特急も多度津までだそうです。7月8月の営業的にはちょっといたいですね。

ところで、この鉄道橋ですが、子供のころこの近くまでよく遊びに行った記憶があります。
がっちりした橋のような気がしていたのですが、よく映画なんかで鉄道橋を壊すのがあるけど、
こんなもの少々では壊れないだろうなとおもっていたけど、それを動かしてしまう自然の力というのはすごいですね。
少し下流のかなくま橋のところを渡ったのですが、自然の川底が表れて、
ある意味昔の感がしました。








posted by メイ at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

琴弾荘

ひさしぶりの投稿です。
ひとつお知らせがあります。
琴弾荘の事業形態が、屋号はそのままで、
葛ユ弾荘からラヴィールコート鰍ノかわりました。
代表は私から息子にかわりました。
まだまだ若輩ですけどよろしくおねがいいたします。
posted by メイ at 08:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

有明の馬小屋

733D7050-92BF-4211-9C76-12A5F09645AF.jpg観音寺乗馬クラブのポニーが散歩の途中寄ってくれました。今日はお天気もよかったこともあり沢山の人が来てくれたようです。ここ琴弾公園、有明浜での乗馬体験もうまくいってくれたらいいですね。
posted by メイ at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

ラッキー

27983475_1281437908624423_578805525339967251_o.jpg
ポーニーの「ラッキー」です。琴弾荘の裏の馬小屋に、馬2頭と一緒にいます。
まだ生まれて8カ月の甘えん坊さんです。人懐っこくて、とても可愛いです。
ぜひ、見に来てください。馬たちは1月31日に越してきたのですが、
馬もだいぶ慣れて落ち着いてきていますが、自分自身も馬に慣れてきた感があります。
posted by メイ at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

蔵開き

1A048639-5B8F-48CF-98D3-65FA9006586B.jpg
寒くなると日本酒が恋しくなります。
熱燗もいいし、暖かい部屋でひやで飲むのもいいですね。
冬は日本酒なのですが、実際、琴弾荘でも日本酒の消費は減っていて、昔みたいにあまり出なくなりました。
だけどです、最近の日本酒は美味しくなっています。本当です。
日本酒ばかり飲んでるおじさんしか、知られてないのかもしれないですね。
日本酒好きのおじさん達はいろいろなお酒を飲んで、
自分にあうのを見つけて楽しんでいます、いまは各地の有名なお酒も手に入りますしね。
日本酒はワインと同じで、銘柄ごとに味はほぼ同じなので、
うまい酒を見つけると、そのフアンになっていつも同じ酒を飲むことができます、
またうまい酒を求めて飲み探すのも面白いです、酒飲みのこだわりでしょうか。
ところでこの日本酒もボージョレ・ヌーヴォーみたいに、
毎年、この時期各酒蔵において新酒の蔵開きが行われます。
自分にとってはこのイベントは仕事柄ちょっと外せないイベントとなっています。
ここ観音寺の造り酒屋「川鶴」さんも、今年は2月10日に蔵開きをします。
なぜか自分もここ数年ずっと行っています。
というのも琴弾荘からは、観光協会に協力して、伊吹イリコのPRのために、
イリコのかき揚げをもっていって販売しています。
もし行かれたらぜひ、食べてみてください。
ここには自分もかき揚げを配達しにいっています。
行ったついでにというか、新酒を買うために配達しにいっています。
ここに配達しにいっているのは、蔵開きの時しか販売していない、
「掬い酒」というお酒をを買うのが大きな理由になっています。
このお酒は、自分のなかでは、川鶴のお酒のなかで最近気に入っているお酒の一つです。
ただ残念なことに、このお酒、販売制限があって、1人、5本ぐらいしか買えません。
入数が少ないので、お店で積極的に使うことが出来ないのがちょっと残念です。
(川鶴さんよろしくお願いいたします。琴弾荘のお酒のメインは川鶴さんなので、せめてもうすこし売ってくれたらと思うのですが、いかがでしょう。)
そういうわけで、毎年自分で買って、また蔵開きにきている知人に頼んだりして、
その上に何本か余分に買って、琴弾荘の冷蔵庫にいれて、時々お客様に飲んでもらっています。
琴弾荘に来た折は、このお酒だけは社長隠し持っているので、スタッフに言って出してもらって下さい。
気になるこの酒の味というと、少し新酒の荒さがあるのですが、その酒の飲んだ時のあたりが自分は好きで、
飲みやすいし、お料理にも合うお酒です。
川鶴のお酒は、自分にとっては子供のころ父に、川鶴の酒倉に見学に連れてもらい、そこですこし飲ましてもらって、ちょっとふらふらになって、だけど美味しかった・・・そんな子供のころの思い出が強くあります。
蔵開き時、お酒を、そうした子供のころの思い出を求めていくのですが、
中々出会えませんでした、この掬い酒がでるまで、
ほかのお酒もいいのですが、ふつうの感が、・・・というのも、最近普段のときの酒のレベルが上がっているので、蔵開きだからといってそうそう特別感がなかったですね。
いまこの「掬い酒」は積極的にお客様にだしてないので、時として、1年くらいのこることもあるのですが、
ただその時飲んだ味は、初めの時とちがって、また味がいっそうまろやかになって、最初の荒さが消えて、また別の美味しさがあります。
PS,こう書くと酒飲みみたいな感じですが、酒は飲めるけど・・・
子供のころ店のお燗場でお銚子にお酒を入れて、燗をするのをよくやらされていたのですが、
当時のお酒、もちろん1級酒ですが、ひやのときアルコールの匂い、ちょっとした刺激臭が鼻について、
子供にはきつかったし、日本酒がきらいでした(子供だから)、大学生になってもあまり飲めないのに、一気飲みさせられて、その時の酒も、日本酒だったし、いい思い出があまりなかったです。
ただ最近のお酒はむかしと違ってそんなアルコールの刺激臭もほとんどしないし、美味しくなった感がします、だいぶ変わったですね。昔のイメージを払しょく出来るか、忘れた世代になるとまた日本酒の時代になるのかもしれないですね。


posted by メイ at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする